fc2ブログ

番外編

今日はFacebookに送られてきた2つの文をご紹介します。
アップルの創業者スティーブ・ジョブス氏の「最後の言葉」と、ひすいこうたろう氏の「人生の最後の日の未来のあなたより」の2つです。


「スティーブ・ジョブス最後の言葉」

私は、ビジネスの世界で、成功の頂点に君臨した。

他の人の目には、私の人生は、
成功の典型的な縮図に見えるだろう。

しかし、仕事をのぞくと、喜びが少ない人生だった。
人生の終わりには、富など、私が積み上げてきた
人生の単なる事実でしかない。

病気でベッドに寝ていると、
人生が走馬灯のように思い出される。

私がずっとプライドを持っていたこと、
認証(認められること)や富は、
迫る死を目の前にして
色あせていき、何も意味をなさなくなっている。

この暗闇の中で、生命維持装置の
グリーンライトが点滅するのを見つめ、
快適な音が耳に聞こえてくる。

神の息を感じる。
死がだんだんと近づいている。。。。

今やっと理解したことがある。

人生において十分にやっていけるだけの
富を積み上げた後は、富とは関係のない
他のことを追い求めた方が良い。

もっと大切な何か他のこと。

それは、人間関係や、芸術や、
または若い頃からの夢かもしれない。

終わりを知らない富の追求は、
人を歪ませてしまう。
私のようにね。

神は、誰もの心の中に、
富によってもたらされた幻想ではなく、

愛を感じさせるための「感覚」
というものを与えてくださった。

私が勝ち得た富は、(私が死ぬ時に)
一緒に持っていけるものではない。

私が持っていけるものは、愛情にあふれた思い出だけだ。

これこそが本当の豊かさであり、あなたにずっと
一緒にいてくれるもの、あなたに力を与えてくれるもの
あなたの道を照らしてくれるものだ。

愛とは、何千マイルも越えて旅をする。
人生に限界はない。

行きたいところに行きなさい。

望むところまで高峰を登りなさい。

全てはあなたの心の中にある、

全てはあなたの手の中にあるのだから

世の中で、一番犠牲を払うことになる
「ベッド」は、何か知っているかい?
シックベッド(病床)だよ。

あなたのために、ドライバーを誰か雇うこともできる。
お金を作ってもらうこともできる。
だけれど、あなたの代わりに病気になってくれる人は
見つけることはできない。

物質的な物はなくなっても、また見つけられる。

しかし、一つだけ、なくなってしまっては、
再度見つけられない物がある。

人生だよ。
命だよ。

手術室に入る時、その病人はまだ読み終えていない
本が1冊あったことに気付くんだ。

「健康な生活を送る本」

あなたの人生がどのようなステージにあったとしても、
誰もが、いつか、人生の幕を閉じる日がやってくる。

あなたの家族のために愛情を大切にしてください。
あなたのパートナーのために、
あなたの友人のために。

そして自分を丁寧に扱ってあげてください。
他の人を大切にしてください。



「人生の最後の日の未来のあなたより」

どうも。

僕はあなただ。

理想の人生を生きた
人生最後の日のあなただよ。

人生は短い。
あっという間だった。

生まれてから、
今日までのことを考えてごらん。
長いようであっという間だっただろ?

同じように、今日から、
人生最後の日までもあっという間なんだ。
やりたいことはすべてやるがいい。

人生は、死ぬ間際、
やったことに後悔する人は少ないものだ。
やらなかったことに後悔する。

チャップリンがいったとおりだよ。
In the end,everything is a gag.
つらかったことも、最後には全部ギャグになる。

ボブマーリーがが歌ったとおりだよ。
Everything's gonna alright.
すべてだいじょうぶだから。
やってみたいことはやってみるがいい。
なにもかもだいじょうぶだから。

人生最後の日を迎える私から見ると、
うまくいったかどうかなんて、
どうでもよかったんだとわかる。

人生最後の日から見ると、
すべての出来事は
夢の中の思い出になるんだ。

ほんとうに大切なのは、ハートをひらくこと、
自分に素直になること。

いまの自分の気持ちに
ちゃんと寄り添ってあげるんだ。
「ほんとは、どうしたいの?」って。

それが、未来の私から
あなたに一番伝えたいことだ。

人生は文字どおり旅なんだ。
旅に成功も失敗もあるもんか。
そして、旅には、
やらなければいけないことも何もない。
歯を磨く、それくらいのもんだ。

だいじょうぶ。
子供の頃の気持ちを思い出してごらん。
そう、その気持ちだ。
家の扉をあけたとたんに、
走り出していたあの頃のあなた。

私は、私の人生を選んで
ほんとうによかった。

人生最後の日、私はいま幸せだ。
いま、心からそう思えるのは
あなたのおかげだよ。

いまのあなたが、たくさん、たくさん、
悩んでくれたからだ。

そして、いまのあなたが勇気を出して
一歩踏み出してくれたからだ。

すばらしい人生だった。
心からありがとう。

生きるって素晴らしい。
プロフィール

MotherLake1952

Author:MotherLake1952
大阪府出身、天秤座、O型。
定年退職後、MotherLake(琵琶湖)の畔にログハウスを建て、愛娘の柚子(トイプー、♀)と移り住む。訳あって、一人と一匹。
趣味、古いキャンピングストーブの収集、薪ストーブ、キャンプ、ナチュラルガーデン、カントリー(家、家具)、ロードレーサー、車、腕時計等々、そして元証券マンなのに何故か資産運用は苦戦中。

カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
Brog Ranking
それはそれとして、ポチッとして戴けるととても嬉しいです♪
リンク
カウンター
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる