fc2ブログ

琵琶湖で迎える2度目の冬

朝起きた時は雪も止み、うっすらと家の屋根に雪が残っている状態だったので、峠は越したかと安心していたら8時過ぎからまた降り始めました。べたっとした雪なので、そう積もることはないと思いますが、早く止んで欲しいものです。
IMG_1311.jpg
昼過ぎには雪も止み、積雪はほとんど消えました。

琵琶湖で迎える2度目の冬
 昨年5月に大阪からこの琵琶湖の地に転居して来ましたが、それまで、東京と下関と大阪
 しか住んだことがないので、これまで雪とはほとんど無縁の生活でした。
 住む前から、多い時には1メートルも積もることもあると聞かされていましたので、昨年
 の冬は恐る恐るの生活でした。
 と、年末、しかも息子が遊びに来たときにいきなり初めての雪に遭遇。
 雪がしんしんと降り続き、どんどん積もって行きます。
 息子を迎えに行って、家に戻って来た時は、雪で車が出られないと困るので、家の駐車場
 には車は止めず、家から30メートル先を走っている融雪道路(散水装置で雪を融かす道路)
 から5メートルくらい入ったところに止めて置きました。
 翌日目覚めると辺り一面、真っ白な雪の世界。
 長靴を履いて外にでると、長靴がすっぽりと埋まり、抜けない状態。
 積雪は30センチほどですが、初めての経験なので焦ることしきり。
 息子を駅まで送って行かないといけないので、家から車まで、雪かきをしながら進むのに
 まず悪戦苦闘。
 何とか車のところまで辿り着きましたが、すっぽりと埋まっている車をやっとの思いで掘り
 出し、今度は車の前から融雪道路までの5メーターの雪を除雪するのがもう大変。
 腰は痛くなるわ、ちっとも雪は減らないわで困り果てていたところに、なんと除雪車が登場。
 藁にもすがる思いで頼み込んで車の前の雪を退けてもらいなんとかセーフ。
 日が照りつける天候だったからまだしも、雪で吹雪く中だったらとても無理でした。
 
 正面の木の前に点みたいに写っているのがわたしの車(昨年末)IMG_0983.jpg

 家は融雪道路から入って行き止まりの奥にあり、家の駐車場に車を止めて置いて、またこ
 んなに雪に降られたら、30メートル先の融雪道路まで人力で除雪することなど到底不可
 能です。
 周りは別荘族なので他の人の力を当てにすることも出来ません。
 さあ、どうしよう。困った。
 一時は小型の除雪車を買うことも真剣に考えたくらい。
 で、思い余って、市に電話で相談しました。
 定住しているし、行き止まりとは言え市道なんだから,何とか除雪車を入れて欲しいと、
 もう平身低頭のお願いです。
 原則は、公共性の高い道路だけというところを何とか特別扱いということでOKを貰うこ
 とができました。
 その冬は、そのあと3度、20センチを越す積雪があって、その度に我が家の前を除雪車
 が、雪を行き止まりの奥まで押し除けてくれましたが、やはり除雪車が来ると何とも頼
 もしい限りです。
 
 お陰様で2度目の冬は、少し安心して雪を眺めることができます。
 
プロフィール

MotherLake1952

Author:MotherLake1952
大阪府出身、天秤座、O型。
定年退職後、MotherLake(琵琶湖)の畔にログハウスを建て、愛娘の柚子(トイプー、♀)と移り住む。訳あって、一人と一匹。
趣味、古いキャンピングストーブの収集、薪ストーブ、キャンプ、ナチュラルガーデン、カントリー(家、家具)、ロードレーサー、車、腕時計等々、そして元証券マンなのに何故か資産運用は苦戦中。

カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Brog Ranking
それはそれとして、ポチッとして戴けるととても嬉しいです♪
リンク
カウンター
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる