fc2ブログ

わたしの好きな峠や道 その2

雨は降っていないものの、いつ降ってもおかしくないくらい、どんよりとした天気。

①株のシステムトレード
 これまで売買ルールの説明書をきちっと読まずに使用していたことを反省し改めて読み直し
 ました。コラ)
 で、午前中一杯を掛けて簡単なカスタマイズに挑戦。
 狙いは、DDとスリッページを抑えることなんですが、果たしてうまく機能するかは不明。
 とりあえず11月はこれで挑戦してみます。

②わたしの好きな峠や道 その2
 11月の上旬の第一週は例年紅葉を見に奥日光に行っていました。
 毎年少しずつコースは変えるものの、やはり定番ルートがあり、キャンピングカーで寝泊
 まりする場所が予め分かっているとやっぱり安心感が違います。
 進入ルートは色々とあるものの、いろは坂から中禅寺湖に入るルートは渋滞に巻き込まれ
 るという先入観があり、わたしこのルートで入ることはほとんどありません。
 もっとも、後述するように手前の有料道路のPAやSAで車中泊をし、朝早くから日光に入る
 ので渋滞も関係ないとは思うのですが、習慣です。
 日光

 進入ルート①
 関越自動車道の赤城高原SAで一泊し、翌日沼田ICから日本ロマンチック街道を通り、丸沼、
 菅沼、金精峠、湯ノ湖を通り、戦場ヶ原の途中から中禅寺湖を避け、山王林道を抜け、川俣
 へと出るルート。
 山王林道は林道と言っても全面舗装されており、ハイエースのキャンピングカーでも通り抜け
 可能なので一般車なら大丈夫。(山道不慣れな方は避けた方がいいかも)
 川俣から先には、有名な八丁の湯や加仁湯がありますが、女夫淵から先は一般車が入れないの
 が残念です。
 
 日本ロマンチック街道
 日本ロマンチック街道

 丸沼湖畔(紅葉が早く、11月に入ってからではもう遅いです)
 IMG_2177.jpg

 金精峠
 IMG_2202.jpg

 進入ルート②
 東北自動車道の大谷PAで一泊し、翌日日光宇都宮道路を経て、日光市内に入り、鬼怒川を抜けて
 日塩もみじラインを目指すか、霧降高原道路を経て川治ダムを目指すルート。
 鬼怒川の温泉街を抜けて行くのも風情がありますし、霧降高原は大笹牧場があり牧歌的な雰囲気
 に浸れます。

 霧降高原(ほんとに霧のときが多いです、六方沢橋からの眺めはダイナミックそのもの)
 IMG_2217.jpg

 進入ルート③
 東北自動車道の矢板北PAで一泊し、翌日西那須野塩原ICから湯の香ラインを抜け塩原を目指すコ
 ース。
 鬼怒川に比べやや鄙びた温泉街の風情が感じられます。

 マイ紅葉の見所
 沼田からの日本ロマンチック街道沿い、日塩もみじライン、会津西海道、会津鉄道会津鬼怒川線
 の尾瀬口から桧枝岐を目指す国道352号線沿い、奥湯西川一帯。
 この辺はどこも紅葉で、黄色と赤のコントラストが素晴らしいです。

 日塩もみじライン①(少々渋滞するのがネック)
 IMG_2162.jpg

 日塩もみじライン②(お気に入りの某所)
 IMG_2253.jpg

 会津西街道の大銀杏(毎年ご挨拶)
 IMG_2147.jpg

 旅のベース基地「道の駅 湯西川」
 IMG_2225.jpg
 会津鉄道会津鬼怒川線の湯西川温泉駅(地下)の上に併設。ここをベースにして各地を回ります。
 車が多く入りづらい時もありますが、大丈夫。夕方6時頃からはぐっと少なります。 
 そして何より温泉があるので車中泊でも奇麗さっぱりでいい気分です。
 
 以上、渋滞レス&余り観光客がいないマイ紅葉巡りのルートでした。
 3泊ほどしながら各所を回っていると、心も体も紅葉色に完全に染まった感じになって、都会
 の雑踏に戻るのがイヤになってしまいます。
プロフィール

MotherLake1952

Author:MotherLake1952
大阪府出身、天秤座、O型。
定年退職後、MotherLake(琵琶湖)の畔にログハウスを建て、愛娘の柚子(トイプー、♀)と移り住む。訳あって、一人と一匹。
趣味、古いキャンピングストーブの収集、薪ストーブ、キャンプ、ナチュラルガーデン、カントリー(家、家具)、ロードレーサー、車、腕時計等々、そして元証券マンなのに何故か資産運用は苦戦中。

カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Brog Ranking
それはそれとして、ポチッとして戴けるととても嬉しいです♪
リンク
カウンター
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる